【9】開業直後!「オオサカホイール」 VIPゴンドラに、ぼっちで乗ってきた(大阪府)

こんにちは。
「 ぼっちで観覧車100ヶ所乗ってみる 」に挑戦している、すずやすです。

今回は、2016年7月1日にグランドオープンしたばかりの「 Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール) 」に行ってまいりました!!

高さ123メートル、約15年ぶりとなる「 日本最大 」の記録更新となり、世界でも5番目の高さとなるこちら。オープン当日は各種メディアでも取り上げられ今超話題の観覧車です!!
そんなこちらの観覧車ですが、さすが日本最大なだけあって72個ものゴンドラがついているんですね。その中に2つだけ存在するという「 VIPゴンドラ 」にぼっちで乗ってきました!!

【9】「EXPOCITY・Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)」(大阪府吹田市)

<写真>

ホームの端っこからも見えるよ!

最寄駅は大阪モノレール「 万博記念公園駅 」。ここからすぐの商業施設「 EXPOCITY 」の中に「 Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール) 」はあります。

<写真>

EXPOCITYは駅から目の前!

7月1日のグランドオープンの前にプレオープンもあったようで、乗ってみた人がTwitterなどに乗せる写真を指くわえて見てました!早く乗りたい!と!
そして7月2日、ついに来てしまったのだー!!

<写真>

いたるところにオオサカホイール!!

まずは乗ってみる前にいろいろな角度から、観覧車を見てみましょう!!

<写真>

遠くから!

<写真>

近くから!!

骨組みもゴンドラも、ほぼ白に統一したデザイン!
この子はこれから何色に染まってしまうんでしょうか(?)

<写真>

床下透明だよ!

<写真>

床下透明だよ!パート2

テレビでも話題になっていましたが、72個すべてのゴンドラが「 スケルトン仕様 」となっているんですね。
といっても、椅子の部分はスケルトンではないので、座ってしまい、下みなければそこまで怖くないかもしれません。

<写真>

きた!VIPゴンドラだー!!

今回ぼっちで挑戦するのは、72個中2つしかないレアキャラ、VIPゴンドラです!
通常ゴンドラが純白なのに対し、VIPは灰色がかっています。
すでに何かに染められてしまったのでしょうか?

値段設定も特別で、、

お値段なんと、8,000円/1ゴンドラ(定員4名)

<写真>

はっせんえーん!!!!

乗る前からぼっちの宿命が待ち受けていました!
8,000円といっても、最大人数の4人乗れれば、1人あたま2,000円。
通常ゴンドラが1人1,000円ですから、そこまで高いとは思えません。

ぼっちに何ら優しくないVIPゴンドラですが、清水の舞台から飛び降りる勢いで、ネットをポチッとして購入です。ここ大阪だけれど。

<写真>

ポチッとした結果。

そう。この観覧車、インターネットで前もって購入できて便利ですよ。
サイト眺めていると、VIPゴンドラに関しては、土日・夜の時間帯は早目に売り切れてしまうようなので、希望時間帯がある方はお早めに!!

<写真>

ここが入口!!

では早速乗ってみましょう。
入口は2レーンあって、当日チケット購入列と、インターネット事前購入列といった具合です。
よっしゃあ!事前購入列の方をるんるんと歩んでゆくと係の方に言われました。
お連れ様はお揃いでしょうか??

こう言われても大丈夫!私には長年培ってきた、ぼっち観覧車の2大極意がある!

列が途切れたタイミングで乗る 」と「 乗るときは笑顔と大きい声で1人です 」だ。

笑顔で「 1人なんですー 」と言おう。堂々と言おう!
もう後戻り出来ない。なんせ8,000円も払っているんだから!!!(切実)

<写真>

お花がずらーり!!

<写真>

OSAKA WHEEL

花道(お祝いの花がある道)を進んでゆくと、OSAKA WHEELと赤書きされたところがチケットを見せるところです。
QRコードを印刷した紙を渡すと、「 VIPでーす! 」「 ご案内しまーす! 」と直接乗り場までショートカットできる階段へ案内されますすごい!!

<写真>

長蛇の列を横目に

この日の気温は34度台までいった大阪。その中で30分以上待つ長蛇の列を横目に階段を上がる。ピップエレキバンを付けるとなんだか気持ちいい感じはするが、ビップの方も気持ち良い!気持ちいいを表す語呂というのは決まっているのだろうか。

<写真>

ドリンクスタンド!

2016年7月中にVIPゴンドラ乗車の方だけ記念写真1枚 」と「 ワンドリンク 」がサービスである。

記念写真というのは、観光地観覧車によくある「 写真撮るよー。帰り際に買うか買わないか決めてねー 」というアレである。周囲の目がある中、満面の笑みで撮った。
意外に抵抗無かったのは、私の前に撮った方も「 ぼっち男性 」だったからである!

この男性は通常ゴンドラの方だったが、オープン直後というのは、ぼっちに優しいかもしれないと思った。観覧車好きだけじゃなくって、新しい物好きも集まるからだ。

<写真>

VIP専用待合室もあるよ!

<写真>

エアコンとかないけれど、ゆっくり待てるー

憧れの相手を待つようにそわそわしていたら、写真が出来上がったようで持ってきてくれた。(もう一度書くが、2016年7月中にVIPゴンドラ乗車の方だけの特典である。)

その係の男性に「 1人でVIPはいましたか? 」と聞いてみた。
「 いやー、夜は入っていないんですが初めてなんじゃないですかー 」と!

初めてだ!!!すごいすごい!!!

<写真>

私のVIPさん、もうすぐらしい!!

さらに待っていると、もうすぐ来る。ということで、係の女性に乗り場まで案内される。いよいよだ!
調子に乗ってもう1度聞いてみた。「 1人でVIPはいましたか?

すると答えは「 1人いらっしゃいましたよ。どうしてもVIPが良いということで。

初めてじゃなかったあああああああ!!!!

ちょっぴり残念だったけれど、神奈川から来たんです!と伝えると、観覧車から見える眺望オススメスポットを丁寧に教えてくださいました!感謝!

<写真>

わたしのVIPゴンドラ~

<写真>

の!れ!た!

係員さんに促されて乗り込みます!!
それでは、VIPゴンドラの中を見てみましょう!!

<写真>

ぼっち感たっぷり!

スマホに広角レンズ付けて撮ったので、画質はアレですが、元々6人乗りの広さですから、広々しております~

<写真>

椅子の形が左右で、、

<写真>

、、ちがいます!!

通常ゴンドラの白くて固い座席と違い、こちらは革張りです!
床下の透明部分が怖い方向けに、通常ゴンドラにはガラスを覆い尽くす用カーペットが用意されているらしいんですが、VIPゴンドラはというと、、

<写真>

椅子のわきについてるボタン

ドリンクホルダーの下についているボタンを押すと、床下ガラスが曇っちゃうんです!!

<写真>

これが、

<写真>

こうなる!!!!

ちなみに何度押しても構いません。
これならこわいこわい言う彼女を曇りガラスの上に立たせて、ボタンをポチ。
きゃーー何やってんのもぉーー!というじゃれ合いを楽しめるでしょう(?)

他にもVIPゴンドラの特徴として、夜になると床面がLEDライトで照らされるそうですよ。公式HPに書いてありました。

<写真>

えきすぽしてぃーどーん!

眺望の方は、11月にオープンしたばかりの真新しいEXPOCITYが真下に見えまして、右後方が大阪中心地ですね。

乗るとき係のお姉さんにオススメされた眺望、1つだけ高い建物「 あべのハルカス 」と、「 梅田スカイビル 」はすぐ見つけられました!

<写真>

あべのハルカス!日本で一番高いビル!300メートル!

<写真>

梅田スカイビル!ここの展望台・空中庭園展望台からの夜景は個人的に世界一だとおもう!!

<写真>

てっぺん付近の景色!

そして反対側を向くと広大な万博記念公園、そして太陽の塔が望めます!

<写真>

げいじゅつはばくはつだー!!

<写真>

中央がモノレールの駅!近いね!

1周18分間
写真撮りまくっていると、あっという間ですよほんと。くつろぐ暇なんて無かったですもん。

<写真>

ゆらすなよ~~

<写真>

極楽じゃ~

窓は開かないけれど、全てのゴンドラでエアコン完備!真夏でも大丈夫!
それでも日差しが強くて、結構暑かったよ!

8,000円という金額は、横浜から大阪までの夜行バスより高かったが、満足感は半端なかった!

この喜びを誰かと分かち合いたい気持ちにさせられるけれど、それさえ我慢すれば、ぼっちで充分楽しめる!めっちゃ楽しかった!
わたしはもうVIP色に染められてしまったようです。VIP待遇大好き!!

ちなみに通常ゴンドラ情報ですが、

定員は6名。
当日券である当日チケットは1,000円/1人。
10分程度並べば入れるファスト10チケットは、1,500円/1人となっています。

通常ゴンドラはチケット単位が「 ゴンドラ毎 」ではなく「 1人毎 」になっているので、ぼっちでもお気軽に楽しめますよ。

ぼっちでも、誰かとでも、思い出作りには最適!いま話題沸騰!日本最大の観覧車でした!!

<写真>

乗る前から楽しそう(笑)

(訪問日:2016年7月2日)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする